〈限定版あり〉靖国神社の御朱印帳「種類・大きさ(サイズ)・初穂料(値段)・授与場所・授与時間など」

スポンサードリンク

〈限定版あり〉靖国神社の御朱印帳「種類・大きさ(サイズ)・初穂料(値段)・授与場所・授与時間など」

桜の名所として有名な靖国神社では、桜柄を始め、2種類の御朱印帳が授与されています。

また、2019年は創立150周年記念の年ということで、限定御朱印帳も登場し、大変人気となっています。

こちらのページでは、靖国神社のオリジナル御朱印帳の種類、大きさ(サイズ)、お値段、購入できる場所や時間などをご紹介します。

靖国神社のオリジナル御朱印帳 一覧

靖国神社には、2種類のオリジナル御朱印帳があります。

加えて、2019年の創立150周年を記念した限定御朱印帳も授与されています。

通常の御朱印帳① 白色(社紋・桜柄)

白地に桜の花と社紋が描かれた御朱印帳です。

  • 初穂料(値段):1,000円
  • サイズ(大きさ):16.0cm ×11.0cm
  • 蛇腹式
靖国神社と桜

靖国神社は、桜の名所として知られ、社紋にも桜の花が取り入れられています。
境内には気象庁が指定した東京の桜の標本木があり、この木に5~6輪花が咲くと、東京に開花宣言が出されます。

通常の御朱印帳② 紺色(社紋・霞文様)

紺色の背景に霞文様が描かれ、金色の社紋が浮かんでいるデザインとなっています。

  • 初穂料(値段):1,000円
  • サイズ(大きさ):16.0cm ×11.0cm
  • 蛇腹式
霞文様(かすみもんよう)とは

霞文様(霞文)は、形のない霞を絵に描くために図案化した、日本の伝統的な模様の1つです。
中でも、こちらの御朱印帳の霞文様のように、カタカナの「エ」のような形の文様は定型化され、繰り返し用いられてきました。
なお、「霞」と「霧」は同じ自然現象ですが、一般的に、春のものは特に「霞」と呼ばれています。
俳句の世界では「霞」は春の季語であり、「霧」は秋の季語となっています。

創立150周年記念 限定御朱印帳

桜の花と白鳩が描かれ、創立150周年記念のロゴが入った限定の御朱印帳です。

桜の花には立体的な加工が施されています。

2019年いっぱいは授与される予定ですが、大変人気があり、一時的に品切れとなる場合があります。

  • 初穂料(値段):1,500円
  • サイズ(大きさ):16.0cm ×11.0cm
  • 蛇腹式
靖国神社と白鳩

靖国神社では、毎年8月15日の終戦の日に、英霊を慰めるなどの目的で、放鳩式を行っています。
この放鳩式の時に放たれるのが平和の象徴と言われる白鳩です。
靖国神社では、神門隣の鳩舎で、約200羽が飼育されています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






靖国神社の御朱印帳の授与所(場所・営業時間)

御朱印帳の授与場所

  • 参集殿朱印所

御朱印帳は、境内の中心に位置する参集殿の朱印所で授与されています。

中門鳥居から拝殿前に進む途中の右手にあります。

朱印所という案内が出ています。

※靖国神社では、中門鳥居の内側の写真撮影は禁止となっています。当サイトの写真は、お借りしたものです。

お守りやお神札は、社頭授与所(中門鳥居をくぐってすぐ)で授与されています。
御朱印所とは別ですので、ご注意ください。

御朱印帳の授与時間

  • 8時~17時

御朱印の受付および御朱印帳・御朱印帳入れの授与時間は8時~17時までとなっています。

※靖国神社の拝観時間(参拝時間)は以下の通りです。

  • 1、2、11、12月:6時~17時
  • 3~10月:6時~18時

靖国神社の御朱印帳「混雑状況(混雑具合)」

靖国神社は、桜の時期や、特別な行事がある場合を除き、土日祝日が比較的混雑しやすくなっています。

土日祝日の日中は、御朱印待ちの行列ができる場合があり、30分~60分待ちとなることもあります。

行列ができるような時のために、番号札が用意されています。

御朱印所の前には待合所も設置されています。

平日の場合はそれほど待つことなく、並んでいたとしても、5分前後で順番が回ってくる場合が多いようです。

靖国神社の御朱印

靖国神社では、通常1種類の御朱印が授与されています。

また、その他に、限定の御朱印もあります。

御朱印の種類や初穂料(値段)については、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

靖国神社の御朱印の「種類・初穂料(値段)・授与場所・授与時間など」と「限定御朱印はある?」

靖国神社のオリジナル御朱印帳入れ(御朱印帳袋・カバー)

靖国神社では、オリジナルの御朱印帳入れも用意されています。

詳しくは、当サイトの以下のページをご覧ください。

〈限定版あり〉靖国神社の御朱印入れ(御朱印帳袋・カバー)「種類・大きさ(サイズ)・初穂料(値段)・授与場所・授与時間など」

【豆知識】御朱印帳の起源

御朱印をいただくのに欠かせない御朱印帳ですが、いつ頃、どのように使われ始めたのが最初なのでしょうか。

気になるあなたは、ぜひ、当サイトの以下のページ↓をご一読ください!

御朱印帳の起源「いつから御朱印帳が使われ始めた??

靖国神社の住所・お問い合わせ先

  • 住所:〒102-8246 東京都千代田区九段北3-1-1
  • 電話番号:03-3261-8326
  • ホームページ:http://www.yasukuni.or.jp/
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ