【格安・割引・限定】東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット(パスポート)の種類・値段一覧!

スポンサードリンク

【格安・割引・限定】東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット(パスポート)の種類・値段一覧!

東京ディズニーランド・ディズニーシーには、毎年、延べ3000万人以上(2パーク合計)の人が入園しています。

規模・人気共にまさしく日本一の東京ディズニーランド・ディズニーシーには、入園する日程に応じた、複数の種類のチケットがあります。

また、期間限定・対象者限定の、お得な割引チケットも販売されています。

なお、ディズニーランド・ディズニーシーのチケットの価格は時々改定されており、最近では、2020年4月1日購入分より値上げが実施されています。

そんな中で、少しでも安く、ディズニーランド・ディズニーシーを楽しむためのチケット情報をお届けします!

項・一覧

東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)のチケット(パスポート)・入場料の基礎知識

 パークとは?

東京ディズニーランド(TDL)および東京ディズニーシー(TDS)のことを、「パーク」と呼びます。

「どちらか1つのパーク」と書いてある場合、ディズニーランドまたはディズニーシーを選択する、という意味です。

 パスポートとは?

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーに入場(入園)するためのチケットを、「パスポート」と言います。

 チケット(パスポート)は何歳から必要?

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのチケット(パスポート)は、満4歳から必要です。(3歳以下は無料)

その他、チケット(パスポート)の年齢区分は、以下の通りです。

  • 大人:18歳以上
  • 中人(中学・高校生):12~17歳
  • 小人(幼児・小学生):4~11歳
  • シニア:65歳以上
 チケット(パスポート)に有効期限はある?

東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット(パスポート)には、有効期限(有効期間)があります

基本的には購入日から1年間で、名刺サイズの通常のチケットの場合は、裏面に印字されています。

期限が切れてしまったチケット(パスポート)は、無効となります。

ただし、有効期限内に限り、所定の窓口まで行けば、有効期限の延長が可能な場合があります(後述)。

日付指定券の日付変更も、有効期限内のみ、可能です。

※2001年まで、有効期限の設定のないパスポートも販売されていましたが、現在お持ちの方の分も、、2023 年5月31日(水)までで取扱い・対応終了となります。詳細は こちらからご確認ください。

 「オープン券」と「日付指定券」の違いは?

オープン券とは、入園日を指定しないチケット(パスポート)で、有効期限は1年間です。

有効期限内のどの日でも入園できますが、万が一、人出が多く、入園制限がかかっていると、入園できないことがあります。

日付指定券とは、購入時に、入園予定の日とパーク(ディズニーランドまたはディズニーシー)を指定するチケット(パスポート)です。

指定した日付に「入園保証」が付くため、入園制限がかかっていても、確実に入園できます。

もし指定した日に都合により入園できなかった場合は、チケットの有効期限内かつ指定日から3か月以内であれば、所定の窓口に持っていき、手数料200円を支払うと変更できます。

日付の指定がされていないパークチケットをお持ちの方は、混雑状況により入園開始時間が遅れる場合があります。

チケット(パスポート)の値段や利用方法は、どちらも同じです。

なお、人気の日の日付指定券は、売り切れる場合があります。

 「当日券」と「前売券」の違いは?

東京ディズニーランド・ディズニーシーには、当日券と前売券があります。

当日券は、各パークのメインエントランス前チケットブース、または、オンライン予約・購入サイトで購入できます。

ただし、入園制限中は販売停止となっている場合もあります。

入園制限のお知らせ

前売券には、上述の「オープン券」と「日付指定券」があります。

東京ディズニーリゾート内の各窓口やオンライン予約・購入サイトの他、コンビニエンスストアや全国のディズニーストア(一部店舗)などでも購入できます。

 東京ディズニーランド・ディズニーシーの営業時間(開園・閉園時間)は何時から何時まで?

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの営業時間は、時期・日によって異なります。

開園時間はおよそ8時~10時、閉園時間はおよそ19時~22時とまちまちです。

また、同じ日でも2つのーパークで営業時間が異なる場合もあります。

お出かけの際には、パーク運営カレンダーをご確認ください。

東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット(パスポート)購入場所や購入方法については、当サイト要チェック!東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット(パスポート)の「購入場所(売り場)とお得な購入方法」について!で詳しくご紹介しています。

東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)のチケット(パスポート)の種類・値段(入場料)・割引・販売場所 一覧!

東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット(パスポート)の種類と値段、販売場所などをご紹介します。

なお、当日券を購入できるのはメインエントランス前チケットブース、オンライン予約・購入サイトのみ(一部例外あり)で、その他はいずれも前売券(チケット)となります。
※ディズニーホテル・オフィシャルホテルに宿泊する場合、各ホテルでも当日券を購入できます※

東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)の基本のチケット(1デーパスポート)

販売場所(購入場所)

  • 東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト(当日券可)
  • 東京ディズニーリゾート各店舗・窓口
  • ディズニーストア
  • 主なコンビニエンスストア(シニアパスポートを除く)
  • 主な旅行代理店
  • 主なJR窓口
  • 東京ディズニーランド・ディズニーシーのメインエントランス前チケットブース(当日券)

※ギフトパスポートはオンライン購入のみ

1日だけどちらかのパークを1日楽しむ「1デーパスポート」

1(ワン)デーパスポートは、ディズニーランドまたはディズニーシーに1日入園するためのチケットです。

「1デーパスポート」の値段

  • 大人:7,500円 →8,200円 ※2020年4月1日購入分より
  • 中人:6,500円 →6,900円 ※2020年4月1日購入分より
  • 小人:4,900円 →4,900円 ※据え置き
  • シニアパスポート(65歳以上):6,800円 →7,600円 ※2020年4月1日購入分より
新型コロナウイルス感染症対策期間中の取り扱いチケットは3種類(2020年夏)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、2020年夏はアトラクションやレストランなどで利用人数を制限したり、営業を休止したりする対策が取られています。
そこで、東京ディズニーランド・ディズニーシーでは、当面、上記の「ワンデーパスポート」に、以下の時間指定パスポートを加えた3種類のパスポートのみを、オンラインショップ限定で販売することになっています。

オープン券やマルチデーパスポートは販売されません。

入園時間指定パスポート(11時から)
  • 大人:7,300円
  • 中人:6,100円
  • 小人:4,300円
入園時間指定パスポート(14時から)
  • 大人:6,300円
  • 中人:5,400円
  • 小人:3,800円

詳細は、オンライン予約・購入サイトのお知らせをご確認ください。

オンライン限定!ギフトパスポート

内容と値段は通常の1デーパスポートと同じです。

オンライン販売限定のチケットで、チケットにメッセージを印字できます。

(用途に応じて印字するメッセージを選べます)

チケットそのものを自宅またはプレゼントする相手宅に郵送してもらうか、SNSやメールで直接相手にプレゼントする方法があります。

大切な方の誕生日などに、オリジナルのチケットをプレゼントされてはいかがでしょうか?

「ギフトパスポート」の値段

  • 大人:7,500円 →8,200円 ※2020年4月1日購入分より
  • 中人:6,500円 →6,900円 ※2020年4月1日購入分より
  • 小人:4,900円 →4,900円 ※据え置き

「ギフトパスポート」の販売場所(購入場所)

ギフトパスポートは、オンラインストア限定で販売されています。

パスポートの種類と印字するメッセージ、受け取り方法、お届け先などを選択して申し込みます。
※公式オンライン予約・購入サイトのユーザー登録が必要です。

スポンサードリンク -Sponsored Link-






東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)の夕方以降限定のチケット(パスポート)の種類

販売場所(購入場所)

  • 東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト(当日券可)
  • 東京ディズニーリゾート各店舗・窓口
  • ディズニーストア
  • 主なコンビニエンスストア
  • 主な旅行代理店
  • 主なJR窓口
  • 東京ディズニーランド・ディズニーシーのメインエントランス前チケットブース(当日券)

土日祝日15時からの「スターライトパスポート」

混雑する土日祝日でも、早朝から入園していた人やお子さんが帰り始める夕方以降はねらい目です。

こちらのスターライトパスポートは、土日祝日の夕方を満喫できる、午後3時からの入園専用チケットです。

ディズニーランドまたはディズニーシーに入園できます。

土日祝日の、「スターライトパスポート取扱日のみ」、使用できます。

利用可能日は、パーク運営カレンダーでご確認ください。

「スターライトパスポート」の値段

  • 大人:5,500円 →6,000円 ※2020年4月1日購入分より
  • 中人:4,800円 →5,100円 ※2020年4月1日購入分より
  • 小人:3,600円 →3,600円 ※据え置き

平日18時からの「アフター6パスポート」

こちらは、平日の18時から入園できるチケットです。

ディズニーランドまたはディズニーシーに入園できます。

平日の、「アフター6パスポート取扱日」のみ、使用できます。

利用可能日は、パーク運営カレンダーでご確認ください。

ディズニーリゾートの夜は、まだまだこれからです!

「アフター6パスポート」の値段

  • 大人:4,300円 →4,700円 ※2020年4月1日購入分より
  • 中人:4,300円 →4,700円 ※2020年4月1日購入分より
  • 小人:4,300円 →4,700円 ※2020年4月1日購入分より

※7月半ばから9月初めまでの夏5ウィークデーパスポート(後述)対象期間中は取扱いがありません※

【お得な割引チケット①】東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)の期間限定・対象者限定のチケット(パスポート)の種類

販売場所(購入場所)

  • 東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト

※以下の販売場所では、チケットにより取扱いのあり・なしに差があります※

  • 東京ディズニーリゾートのオフィシャルホームページから、各チケットの詳細ページをご確認ください。
  • 東京ディズニーリゾート各店舗・窓口
  • ディズニーストア
  • 主なコンビニエンスストア
  • 主な旅行代理店
  • 主なJR窓口
  • 東京ディズニーランド・ディズニーシーのメインエントランス前チケットブース(当日券)

対象者限定・期間限定のチケット(パスポート)は、販売場所や有効期限がチケットにより異なります。

また、基本的には入園保証は付いていませんので、入園制限がかかっていると利用できない可能性があります。

詳細は、東京ディズニーリゾートの公式ホームページから、該当チケットの詳細ページをご確認ください。

学生限定!「キャンパスデーパスポート」

テレビCMやポスター、電車の中刷りなどでも目にする「春キャン」というキャッチコピーが印象的な「キャンパスデーパスポート」は、学生限定・期間限定のチケット(パスポート)です。

毎年、大学や専門学校の冬休みから学期末、春休みにかけて利用できるように、取扱期間が設定されています。

中高生向けの「中人」チケットもあります。

進路が決まって早めの春休みに入った中3・高3生の皆さんがのびのびするのにももってこいのチケットです!

内容は、通常の1デーパスポートと同じです。

ディズニーランド・ディズニーシーのお正月やバレンタインを、お得に楽しんでください。

なお、キャンパスデーパスポートは、東京ディズニーランド・ディズニーシーのメインエントランス前チケットブースでは購入できません。

オンライン予約・購入サイトや、東京ディズニーリゾートのチケットセンター、ディズニーストア、コンビニエンスストア、旅行代理店、JR・私鉄各駅の窓口などで、前売券を購入してください。

「キャンパスデーパスポート」の対象者

  • 国内の大学・大学院・短大・専門学校・高校・中学校に通う生徒・学生

※購入時に、本人と購入人数分の学生証を提示してください。
※入園時にも、学生証の提示を求められる場合がありますので、念のため持参されることをおすすめします。

いくら割引になる?「キャンパスデーパスポート」の値段

  • 大人:6,900円 ※通常の1デーパスポートは7,500円
  • 中人:5,900円 ※通常の1デーパスポートは6,500円

「キャンパスデーパスポート」対象期間(2020年)

  • 2020年1月6日(月)~3月19日(木)

※対象期間開始の3か月前から最終日まで販売されます※(販売場所により異なる場合があります)

キャンパスデーパスポートの裏面

オフィシャルファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」メンバー限定パスポート

東京ディズニーランド・ディズニーシーのオフィシャルファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」メンバー限定のチケット(パスポート)です。

内容は、通常の1デーパスポートと同じです。

オンラインでも、東京ディズニーリゾート内でも販売されており、ご家族やお友達の分も同額で購入できます。

「ファンダフル・ディズニー」は、入会費無料、年会費3,300円で、こちらの限定パスポートの他、限定グッズが届いたり、特別なバケーションパッケージに申し込めたりと、多くの特典が受けられます。

メンバー限定パスポート(大人)は通常の1デーパスポートより600円安いので、1年間で合計6枚以上購入する(例えば、3人で年2回行くなど)と、それだけで、年会費の出費を取り返せる計算になります。

ディズニーランド・ディズニーシーは大好きだけれど、年間パスポートを買って毎月通うほど頻繁には行けないという方も、入会を検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくは、「ファンダフル・ディズニー」の公式ホームページをご覧ください。

いくら割引になる?「ファンダフル・ディズニー」メンバー限定パスポートの値段

  • 大人:6,900円 ※通常の1デーパスポートは7,500円
  • 中人:6,000円 ※通常の1デーパスポートは6,500円
  • 小人:4,500円 ※通常の1デーパスポートは4,900円
2020年4月1日購入分から以下の値段に改定されます

  • 大人:7,600円 ※通常の1デーパスポートは8,200円
  • 中人:6,400円 ※通常の1デーパスポートは6,900円
  • 小人:4,500円 ※通常の1デーパスポートは4,900円

「ファンダフル・ディズニー」メンバー限定パスポート対象期間

  • 各年度、4月1日~3月31日

※対象期間内に、1回につき5枚まで、合計4回まで購入できます※

首都圏ウィークデーパスポート

首都圏ウィークデーパスポートは、その名の通り、「首都圏に在住・通学・通勤している人」が、「平日」に片方のパークに入園できるチケット(パスポート)です。

もう少し詳しくご説明しますと、首都圏とは、関東地方1都5県と、山梨県、静岡県が含まれています。

対象期間(利用可能期間)は、ちょうどキャンパスデーパスポートが終了して春休みが終わる頃から、夏休み前頃までとなっており、4月のイースターや、7月の七夕のイベント期間と重なります。

平日限定ではありますが、キャンパスデーパスポートよりも割引額が大きい、非常にお得なチケットです!

なお、首都圏ウィークデーパスポートは、東京ディズニーランド・ディズニーシーのメインエントランス前チケットブースや、東京ディズニーリゾート・チケットセンター(イクスピアリ内)では購入できません。

オンライン予約・購入サイトや、ディズニーストア、コンビニエンスストア、旅行代理店、JR・私鉄各駅の窓口などで購入してください。

地域限定パスポート

以前は、関東地方とその近郊の県の県民の日に合わせたお得なチケットが販売されていましたが、現在は、上掲の「首都圏ウィークデーパスポート」に集約されています。

「首都圏ウィークデーパスポート」の対象者

以下の都県に在住・通学・通勤している人。

購入時に住所または通勤・通学の証明が必要になる場合があります。

関東地方1都6県
  • 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県
その他の県
  • 山梨県、静岡県

いくら割引になる?「首都圏ウィークデーパスポート」の値段(2019年)

  • 大人:6,400円 ※通常の1デーパスポートは7,500円
  • 中人:5,500円 ※通常の1デーパスポートは6,500円
  • 小人:4,100円 ※通常の1デーパスポートは4,900円

※東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット(パスポート)は、2019年10月、消費税増税を機に値上げされているため、2020年以降の首都圏ウィークデーパスポートの値段は上記と異なる可能性があります。

「首都圏ウィークデーパスポート」対象期間・対象日(2019年)

  • 2019年4月8日(月)~7月12日(金)の祝日を除く月曜日~金曜日

※対象期間開始の1か月前から最終日まで販売されます※

夏5ウィークデーパスポート

首都圏ウィークデーパスポートの期間が終わったと思ったら・・まだまだお得なチケット(パスポート)がありました!

その名も「夏5(なつご)ウィークデーパスポート」。

つまり、「夏季」の「夕方5時以降」「平日」に、どちらかのパークに入園できるチケットです。

こちらはメインエントランス前チケットブースでも購入できますが、やはり前売券を用意されることをおすすめします。

なお、「夏5ウィークデーパスポート」の対象期間中は、「アフター6パスポート」の販売はありません。

「夏5ウィークデーパスポート」の値段

  • 大人:4,400円
  • 中人:4,400円
  • 小人:4,400円

※東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット(パスポート)は、2019年10月、消費税増税を機に値上げされているため、2020年以降の夏5ウィークデーパスポートの値段は上記と異なる可能性があります。

「アフター6パスポート」と「夏5ウィークデーパスポート」の値段の比較

 アフター6パスポート:一律4,300円 →4,700円 ※2020年4月1日購入分より
 夏6ウィークデーパスポート:一律4,400円

「夏5ウィークデーパスポート」の対象期間・対象日(2019年)

  • 2019年7月16日(火)~9月6日(金)の祝日を除く月曜日~金曜日

※対象期間開始の1か月前から最終日まで販売されます※

【補足】限定・割引パスポートの種類は時々変わります!

以上で、色々な期間・対象者限定のチケットをご紹介しましたが、これらのチケットの種類は、東京ディズニーランド・ディズニーシーが実施するキャンペーンに合わせて、時々変更(追加)になります。

例えば、2007年に始まった「ディズニーのおとな旅」キャンペーン期間中の2014年には、45歳以上の方が平日限定でお得に入園できる「45PLUSパスポート」と、ランチ付きの「45PLUSプレミアムパスポート」が登場しました。

こちらはキャンペーン期間・パスポートの有効期間が既に終了していますが、今後も様々なキャンペーン・割引パスポートが発表になる可能性があります。

また、毎年出ている限定・割引パスポートの場合でも、特典や利用条件、販売場所などが変更になる場合があります。

ご購入前に、東京ディズニーリゾートホームページなどで最新情報をご確認ください。

【お得な割引チケット②】東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)に複数日続けて入園するためのチケット(マルチデーパスポート)の種類

販売場所(購入場所)

  • 東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト
  • 東京ディズニーリゾート各店舗・窓口
  • ディズニーストア
  • 主なコンビニエンスストア
  • 主な旅行代理店
  • 主なJR窓口
  • 東京ディズニーランド・ディズニーシーのメインエントランス前チケットブース(当日券)

マルチデーパスポートにも当日券があり、東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケットブースで購入できます。

また、オンライン予約・購入サイトでも、「自宅で印刷する場合」のみ、当日券を購入できます。

2日連続でどちらかのパークを楽しむ「2デーパスポート」

2(ツー)デーパスポート2日連続で、どちらかのパークに入園できるチケット(パスポート)です。

2日連続で使用すれば、1日目と2日目は別のパークでも構いませんが、同日中に2つのパークを行き来することはできません。

1デーパスポートを2枚購入する場合よりも、お得な価格設定となっています。

いくら割引になる?「2デーパスポート」の値段

  • 大人:14,800円 ※1デーパスポート(8,200円)2枚の場合は16,400円
  • 中人:12,600円 ※1デーパスポート(6,900円)2枚の場合は13,800円
  • 小人:8,800円 ※1デーパスポート(4,900円)2枚の場合は9,800円

3日連続でどちらかのパークを楽しむ「3デーマジックパスポート」

3日連続で来園する場合に使える3デーパスポートは、「マジックパスポート」です。

何がマジックかと言いますと、2日目までは2つのパークの行き来はできませんが、3日目には、同日中に両方のパークへ入園することができます。

つまり、3日目は、午前はディズニーランドで午後はディズニーシー、さらには朝はランド、昼はシー、夜はもう一度ランド・・!というような、欲張りな行程も可能となります。

3デーマジックパスポートの裏面。1日目と2日目はパーク指定となります。

いくら割引になる?「3デーマジックパスポート」の値段

  • 大人:19,800円 ※1デーパスポート(8,200円)3枚の場合は24,600円
  • 中人:16,800円 ※1デーパスポート(6,900円)3枚の場合は20,700円
  • 小人:11,800円 ※1デーパスポート(4,900円)3枚の場合は14,700円

4日連続でどちらかのパークを楽しむ「4デーマジックパスポート」

こちらもマジックパスポートです。

つまり、1日目と2日目は、各日、どちらかのパークのみの入園となりますが、3日目と4日目は、両方のパークを自由に行き来できます。

4日間「連続」で来園する場合のみ、使用できます。

1デーパスポートを3枚買った場合とほぼ同じ値段で、4日分のチケット(パスポート)が手に入り、しかも後半の2日間は2つのパークを行き来できるという特典付きの、お得なチケットです!

いくら割引になる?「4デーマジックパスポート」の値段

  • 大人:24,800円 ※1デーパスポート(8,200円)4枚の場合は32,800円
  • 中人:21,000円 ※1デーパスポート(6,900円)4枚の場合は27,600円
  • 小人:14,800円 ※1デーパスポート(4,900円)4枚の場合は19,600円

スポンサードリンク -Sponsored Link-






ディズニーホテル宿泊者限定「マルチデーパスポート・スペシャル」

「マルチデーパスポート・スペシャル」は、ディズニーホテルの宿泊すると購入できる、特別なマルチデーパスポートです。

通常のマルチデーパスポート、マルチデーマジックパスポートは、2日目までは2つのパークの行き来はできませんが、こちらの「マルチデーパスポート・スペシャル」なら、初日からランド・シーの行き来が可能になります。

ご購入は、各ホテル内のチケット取扱い窓口や、舞浜駅前の東京ディズニーリゾートウエルカムカウンター(デラックスタイプでご宿泊の方専用)でどうぞ。

なお、各ディズニーランドに宿泊される方が、既にチケット(パスポート)をお持ちの場合、同じ場所で「マルチデーパスポート・スペシャル」へ変更する手続きができます。

※ディズニーランドホテルの宿泊と、東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケットなどがセットになった旅行プラン「バケーションパッケージ」については後述します。

「マルチデーパスポート・スペシャル」の値段

2デーパスポート・スペシャル
  • 大人:15,000円 →16,400円 ※2020年4月1日購入分より
  • 中人:13,000円 →13,800円 ※2020年4月1日購入分より
  • 小人:9,800円 →9,800円 ※据え置き
3デーパスポート・スペシャル
  • 大人:19,700円 →21,400円 ※2020年4月1日購入分より
  • 中人:17,000円 →18,000円 ※2020年4月1日購入分より
  • 小人:12,800円 →12,800円 ※据え置き
4デーパスポート・スペシャル
  • 大人:24,400円 →26,400円 ※2020年4月1日購入分より
  • 中人:21,000円 →22,200円 ※2020年4月1日購入分より
  • 小人:15,800円 →15,800円 ※据え置き

※「マルチデーパスポート・スペシャル」は、ディズニーホテル滞在期間中の日付分のみ、購入可能です※

2デーパスポート・スペシャルの裏面。2パークで利用可となっています。

【お得な割引チケット③】東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)の年間パスポート(年パス)

↑2019年度2パーク年間パスポートのデザイン↑

画像引用元:東京ディズニーリゾート

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーには、それぞれの年間パスポート(年パス)と、2つのパーク共通の年間パスポートがあります。

いずれも、有効期限は作成日から1年間です。

有効期限内であれば、いつでも、何回でも入園可能ですが、2018年3月発行の年間パスポートより、以下の2点の「利用上の注意点」が付加されました。

①「年間パスポート使用不可日」は利用できません。
※混雑が予想される日が使用不可日となっています。

②入園制限中は入園できません。

ちなみに、年間パスポートのデザインは、2パーク・ランド・シーでそれぞれ異なる他、基本的には年度ごとに新しいデザインが登場しています。

現在発行中の年間パスポートのデザインや、新年度のデザインが気になる方は、公式ホームページでご確認ください。

販売場所(購入場所)

  • 東京ディズニーリゾート・チケットセンター(イクスピアリ内)
  • イーストゲート・レセプション(東京ディズニーランド)

2パーク年間パスポート

1年間、2つのパークへ自由に入園できるパスポートです。

同日の両パークの行き来も可能です。

「2パーク年間パスポート」の値段

  • 大人・中人:91,000円 →99,000円 ※2020年4月1日購入分より
  • 小人:57,000円 →57,000円 ※据え置き
  • シニア:76,000円 →85,000円 ※2020年4月1日購入分より
【参考】1年に何回行くと年間パスポートの元が取れる?

例えば、大人の1デーパスポートは7,500円なので・・

1回の入園で7,500円、10回で75,000円・・12回で90,000円、13回で97,500円

ということで、1年に12回の入園でほぼ同額、13回以上で元が取れる計算になります。

(毎回、通常の1デーパスポートを購入して入園すると考えた場合)

かなりの額ではありますが、ディズニーランド・ディズニーシーを自由に行き来できる、夢のようなパスポートです!

東京ディズニーランド年間パスポート/東京ディズニーシー年間パスポート

東京ディズニーランドまたはディズニーシー専用の年間パスポートです。

1年間、どちらか一方のパークに限り、原則、出入り自由となります。

「東京ディズニーランド年間パスポート/東京ディズニーシー年間パスポート」の値段

  • 大人・中人:62,000円 →68,000円 ※2020年4月1日購入分より
  • 小人:40,000円 →40,000円 ※据え置き
  • シニア:52,000円 →58,000円 ※2020年4月1日購入分より
【参考】1年に何回行くと年間パスポートの元が取れる?

例えば、大人の1デーパスポートは8,200円なので・・

1回の入園で8,200円、2回で16,400円・・8回で65,600円、9回で73,800円

ということで、こちらは8回の入園でほぼ同額、9回以上で元が取れる計算になります。

(毎回、通常の1デーパスポートを購入して入園すると考えた場合)

年間パスポートの作成・購入方法

年間パスポートは、上述のイクスピアリ内「東京ディズニーリゾート・チケットセンター」またはディズニーランド「イーストゲート・レセプション」で作成・購入します。(ディズニーシーでは受け付けていません。)

作成時には、氏名と生年月日が記載されている公的機関発行の本人確認書類の提示が必要です。

例:運転免許証、健康保険証、住民票、旅券(パスポート)、年金手帳など ※学生証は不可

※有効期限内の更新の際は、記載内容に変更がない場合、写真撮影はしますが、本人確認書類の提示は不要です。

年間パスポートの受付場所で上記書類のいずれかを提出し、その場で写真撮影をします。

並んでいなければ、15分前後で完成します。

なお、写真は一般的な証明写真のようなものになるため、カチューシャや帽子を被って撮ることはできません。

係の方の指示に従ってください。

年間パスポートをプレゼントしたい場合

年間パスポートの作成には本人確認書類が必要な上、現地で顔写真を撮影する必要があるため、最終的には本人が出向く必要がありますが、「引換券」をプレゼントする方法はあります。

引換券の有効期限は発行日から2か月で、期限内にプレゼントされた人が年間パスポートを作成できます。

※2018年3月より有効期限が「2か月」となっています※

年間パスポート引換券の販売場所・引換場所

  • 東京ディズニーリゾート・チケットセンター(イクスピアリ内)※引換券の販売・本券への引換え
  • イーストゲート・レセプション(東京ディズニーランド)※引換券の販売・本券への引換え
  • 団体パークチケットブース(東京ディズニーシー)※引換券の販売のみ

【補足】東京ディズニーランド「年間パスポート」のメリット・デメリット

ディズニーランドやディズニーシーに足しげく通っている方の中には、「そろそろ年パスをもってみたいな」とお考えの方もいらっしゃると思います。

ディズニーランド・ディズニーシーの年パスのメリット・デメリット(盲点)、購入前に確認したいことを、簡単にご紹介します。

年間パスポートのメリット

毎回のチケット代を気にしなくて良い!

1年間何度でも、ディズニーランド・ディズニーシー(パスポートの種類によってどちらかまたは両方)に入園できます。

そして、2年間パスポートの場合は、同日に両パークを行き来できます!

パーク内で気持ちに余裕ができる

「また今度、いつでも来られる」と思えるので、アトラクションにいくつ乗れるか、待ち時間をいかに短縮できるかなどに頭を悩ませなくて済みます。
何が得かや、どうすればチケット代の元を取れるか考えずに、その日、その時にしたいことを楽しめます。

ちょっとした時間で立ち寄ることができる

ディズニーランド・ディズニーシーのグッズをお土産やプレゼント用に購入したり、お気に入りのショーや期間限定のパレードを1回だけ見たり、食事をしたりするためだけに、まるで街中のショップやレストランに行く時のように、ディズニーランド・ディズニーシーに立ち寄ることができます。

年間パスポートのデメリット

厳密には、1年間「いつでも」入園できるわけではない

年間パスポート使用不可日があります。
また、入園制限中は使用できません。(2018年3月発行分より)

特に特典が付くわけではない(2019年度現在)

2017年までは、年間パスポートを持っている人は、同行者のチケットを割引価格で購入できたり、限定の宿泊プランを予約できたりしましたが、2019年現在は、そのような特典はありません。

ただし、将来的に何かしらの特典が復活しないとも限らないので、購入を検討する際に確認してみてください。

結局、かなりの出費になる・・!

入園のためのチケットを購入しなくて済むだけで、買い物、飲食、交通費がかかるので、上手にコントロールしないと、お金がいくらあっても足りません。

ディズニーランド・ディズニーシーが好きで年間パスポートを購入しているわけなので、デメリットというのは特にないのですが、あえて言えば、「チケット以外の費用がかかることを頭に入れておかないと、大変なことになる・・!」というのが、最大の注意事項です。

また、決して「元を取ること」が目的ではありませんから、何が何でもチケットの元が取れる回数以上入園する必要はありませんが、極端に行ける回数が少ないと、やはりもったいないので、よく考えてからご購入ください。

【お得な割引チケット④】東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)の団体パスポート

東京ディズニーランド・ディズニーシーの団体向けパスポートや入園プランには、25名以上で利用できる通常の「団体パスポート」と、学校行事で利用できる「東京ディズニーリゾート・ラーニング・ファン 」、「研修・セミナープログラム」などがあります。

学校の校外学習や企業の研修向けプログラムについては、公式ホームページ「ラーニング・ファン」「企業・団体プログラム」をご覧ください。

団体パスポート当日券販売場所(購入場所)

  • 東京ディズニーランド・団体窓口 ※開園1時間前~15時
  • 東京ディズニーシー・団体チケットブース ※開園1時間前~15時

※受付終了時間は日により変更になる場合があります。
※混雑状況により、当日券の販売が中止となる場合があります。

2020年1月現在、東京ディズニーランドの団体窓口業務は、イーストゲート・レセプション近くの「ゲストリレーション・ウィンドウ」に移っています※

お問い合わせ・電話予約は「東京ディズニーリゾート団体予約センター」へ

団体パスポートについては、専用ダイヤルがあります。

お電話で予約・お問い合わせが可能です。

  • 電話番号:0570-00-5052 ※平日10時~12時・13時~17時

※一部のPHS・IP電話・国際電話の方向け電話番号:045-330-3545

団体パスポートの注意事項

  • 利用できない日があります。パーク運営カレンダーをご確認ください。
  • 同日・同一券種・同一パークで、一括購入する団体で利用できます。
  • 入園日の指定が必要で有効期限を過ぎると無効になります。また、日付や券種の変更・払戻しはできません。

いくら割引になる?「団体パスポート」の値段

団体パスポートは、25名以上で購入できます。

人数が増えるほどお得になります。

券種 人数 大人
(通常8,200円)
中人
(通常6,900円)
小人
(通常4,900円)
団体パスポート 25名~ 6,800円 5,900円 4,400円
200名~ 6,700円 5,800円 4,300円
500名~ 6,600円 5,700円 4,200円
1,000名~ 6,500円 5,600円 4,100円
2,000名~ 6,400円 5,500円 4,000円
5,000名~ 6,300円 5,400円 3,900円

【お得な割引チケット⑤】東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)のその他の特別なチケット(パスポート)の種類

以下では、東京ディズニーリゾートの福利厚生プログラムに加入する企業の従業員、スポンサー企業の従業員または商品購入者、株主などが割引・無料で入手できる、特別なチケット(パスポート)をご紹介します。

東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム

東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラムは、企業が加入する福利厚生プログラムです。

あなたかご家族のお勤め先が加入している場合、申請すると「コーポレートプログラム利用券」がもらえます。

コーポレートプログラム利用券は一種の割引券で、パークチケットの値段(入園料)とコーポレートプログラム利用券に印字されている金額の差額を支払えば、チケットを購入できます。

割引額は企業がコーポレートプログラムに加入する際に決めており、500円~3,000円(500円刻み)となっています。(従業員の方が選ぶことはできません。)

コーポレートプログラムの加入プランには、「パークチケットのみ」の他、ディズニーホテル宿泊費やファンダフル・ディズニー年会費に利用券を使えるプランもあります。

まず、あなたやご家族の会社の福利厚生プログラムを確認してみてください。

東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム パスポート(チケット)購入方法

コーポレートプログラム利用券は、以下のチケット販売所で使用できます。

当日券

  • 東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト
  • 東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケットブース
  • 東京ディズニーランドの自動券売機
  • ディズニーホテル・東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル ※宿泊者のみ
前売券

  • 東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト
  • 東京ディズニーリゾート・チケットセンター(イクスピアリ内)
  • 東京ディズニーランド・イーストゲート・レセプション
  • 東京ディズニーシー・団体チケットブース
  • 一部のディズニーストア

※コーポレートプログラム利用券を使ってチケットを購入するには、「購入時に利用券を提示する」ことが必要です。購入済みのチケットに割引は適用されません。
※コーポレートプログラム利用券は、年間パスポート、団体パスポート、一部の期間限定チケット、一部のオンライン販売チケットなどを除く個人向けのパスポートに利用できます。

東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラムその他の特典

コーポレートプログラム加入企業の従業員の方は、パークチケットを割引価格で購入できるほか、「サンクス・フェスティバル」という特定の期間中、1デーパスポートを特別価格で購入できます。

また、コーポレートプログラム利用者限定のバケーションパッケージ(宿泊+チケット)や、東京ディズニーセレブレーションホテルの割引も利用できます。

【参考】2019年度のサンクス・フェスティバル期間

  • 第1回:2019年9月1日(日)~9月30日(月)
  • 第2回:2019年12月6日(金)~3月19日(木)
    ※どちらも全曜日対象・オンライン購入のみ

コーポレートプログラムに関する詳細はホームページまたはお電話でご確認ください。

東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター

スポンサーパスポート

スポンサーパスポートとは、その名の通り、東京ディズニーリゾート(オリエンタルランド)のスポンサー企業経由で手に入るチケットです。

例えば、NTTドコモ、第一生命、JCBなどが、スポンサー企業となっています。

スポンサーパスポートには、以下の2種類があります。

①スポンサー従業員パスポート

スポンサー企業にお勤めの方が、割引価格で購入できるチケットです。

割引額はお勤め先にご確認ください。

②スポンサーパスポート

スポンサー企業の商品・サービスを購入・契約した時や、キャンペーンに応募したりポイントをためて交換したりすることでもらえるチケットです。

つまり、こちらのスポンサーパスポートは「非売品」です。

スポンサーパスポートの裏面。スポンサー企業名が入っています。

スポンサーパスポートの注意点

スポンサー従業員パスポートは、入園制限中や、日付指定券限定入園日は利用できません。(スポンサーパスポートは一部を除き利用可能)

また、スポンサー従業員パスポート・スポンサーパスポートは、券種変更(日付、パークの変更やアップグレード)・払戻しができないため、有効期限内に利用できない場合は無効となります。

東京ディズニーランドのチケット(パスポート)の内容変更・払戻しなどについては、当サイト要チェック!東京ディズニーランド(TDL)のチケット(パスポート)の「購入場所(売り場)・プレゼントの方法・変更方法」など!で詳しくご紹介しています。

株主用パスポート

東京ディズニーランド・ディズニーシーを運営するオリエンタルランドの株主になり、株式を100株以上持つと、所有株式数に応じて、ディズニーランドまたはディズニーシーで利用できる1デーパスポートがもらえます。

株主用パスポートの発送は、毎年(年度)6月上旬(3月末が割当基準日)と12月上旬(9月末が割当基準日)の2回となっています。

東京ディズニーリゾート40周年記念(2023年)など節目の年には、長期保有株主(5年以上継続保有している株主)向けに、パスポートの追加プレゼントがあります。

オリエンタルランドの株主優待制度については、公式ホームページでご確認ください。

キャスト専用パスポート

東京ディズニーランド・ディズニーシーのスタッフ(職員)のことを、キャストと呼びます。(お客さんは「ゲスト」です。)

キャストになると、色々な特典があるのですが、その中に「キャスト専用パスポート」の配布があります。

枚数や回数は年によって違うようですが、パーク・日付指定なしのチケットを年に複数枚もらえ、日々の仕事のための研究に、そしてリフレッシュに役立てられるようになっています。

もらったキャスト専用パスポートは、ご家族やお友達と一緒に使うこともできます。

ディズニーランド・ディズニーシーのキャストの特典や応募・採用に関することは、公式ホームページでご確認ください。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






チケット(パスポート)付き宿泊プラン!東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)の「バケーションパッケージ」

「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」は、ホテル宿泊とパークのチケット(パスポート)がセットになった、公式宿泊プランです。

ホテルとパークチケットを別々に予約するよりもお得ですし、別々に手配する手間が省けるので、計画・準備も楽々です。

時期により色々なプランがあり、ホテル宿泊・パーク入園以外には、以下のような特典・サービスが含まれている場合があります。

※内容はプランにより異なるので、予約時にご確認ください※

バケーションパッケージの内容・特典例

  • 同日に2つのパークを行き来できる2デーパスポートスペシャル/3デーマジックパスポートスペシャル
  • ディズニーリゾートラインフリーきっぷ
  • ホテル内またはパーク内での朝食
  • 選べるオリジナルグッズ・オリジナルポップコーンバスケット
  • パーク内の対象店舗の対象ドリンクが飲み放題になるフリードリンク券・チケットホルダー
  • 時間帯指定なしの「ファストパス」
  • ショーを抽選なしで見られる「ショー観賞券」
  • 指定レストランでの特別なランチ/ディナー
  • バケーションパッケージ購入者限定の特別なキャラクター・グリーティング

バケーションパッケージ対象ホテル

バケーションパッケージには、以下のいずれかのホテルでの宿泊が含まれます。

対象となるホテルは、プランにより異なりますので、予約時にご確認ください。

ディズニーホテル(東京ディズニーリゾート内の直営ホテル)

  • 東京ディズニーランドホテル(デラックスタイプ)
  • ディズニーアンバサダーホテル(デラックスタイプ)
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(デラックスタイプ)
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル(バリュータイプ)

ディズニーホテルに宿泊すると、対象日・対象パークの「開園15分前」に、指定エリアまで入園できる「ハッピー15エントリー」という優待が受けられます。(バケーションパッケージ以外での利用でも可)

エリア内の対象アトラクションの利用、ファストパスの取得、ショップでの買い物などを、一般のゲストよりも早くスタートできます。

対象日・対象パークは、宿泊するホテルやプランによって異なります。

ハッピー15エントリー対象エリア
  • ディズニーランド:全エリア
  • ディズニーシー:「メディテレーニアンハーバー」および「アメリカンウォーターフロントの一部エリア」

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル(東京ディズニーリゾート内の公式・公認ホテル)

  • 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
  • 東京ベイ舞浜ホテル
  • ヒルトン東京ベイ
  • ホテルオークラ東京ベイ

東京ディズニーリゾート・パートナーホテル(東京ディズニーリゾート外の公式・公認ホテル)

  • ホテルエミオン東京ベイ
  • 三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ
  • 浦安ブライトンホテル東京ベイ
  • オリエンタルホテル東京ベイ

バケーションパッケージの予約・購入方法

※ディズニーワンダフルバケーション※

ホテル・客室・泊数を自由に選んだ上で、2デーパスポートスペシャル/3デーマジックパスポートスペシャル、ファストパス、オリジナルグッズなどを組み合わせたオリジナルのバケーションパッケージの予約が可能です。

既存のバケーションパッケージにあなたの希望にぴったりなものがない場合は、こちらもお試しください。

詳しくは、公式ホームページをご確認ください。

【番外編】大晦日限定!ニューイヤーズ・イヴ・パスポート

こちらは地域や対象者ではなく、1年に1回、12月31日夜から翌1月1日朝の入園のみに利用できるチケットです。

また、お得な割引チケット・・ではなく、お値段は通常よりも高く設定されています。

ディズニーランド・ディズニーシーの年越しは、「年越しディズニー」と呼ばれる特別なイベントで、12月31日夜は、この「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」を持っていないと、入園できません。

「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」所持者は、大晦日の20時から指定したどちらかのパークに入園でき、1月1日0時からは、両パークの行き来が可能となります。

購入はオンライン限定で、「応募者多数の場合は抽選」と説明されていますが、実際は毎回抽選になっているようです。

夜遅い時間帯ですが、アトラクションや飲食店はほぼ通常と同じように利用でき、各種のショーも見られます。

キャストの皆さんや、同じく「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」を手に入れたディズニーファンの皆さんと、花火を見ながらの特別な年越しをお楽しみください!

最新情報・詳細は、東京ディズニーリゾート公式ホームページ内「ニューイヤーズ・イヴ」のコーナーをご覧ください。

なお、「年越しディズニー」に参加するには、他にも、ファンダフル・ディズニー(ファンクラブ)メンバー枠で応募したり、バケーションパッケージ(チケット・宿泊のパッケージ)で応募したりする方法があります。

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの値段(2019年)

  • 大人:9,900円
  • 中人:9,900円
  • 小人:9,900円

※1つのパークにつき1人5枚まで購入可能

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの利用日時

  • 12月31日0時~1月1日6時

※年越しはパーク指定。1月1日0時~6時はディズニーランド・ディズニーシーの行き来可能

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの応募・発表日程

  • 第1弾応募:9月中旬~10月中旬
    発表:応募期間終了のおよそ1週間後
  • 第2弾応募:11月中旬~12月中旬
    発表:応募期間終了のおよそ1週間後

※第2弾応募は、第1弾で応募した方が対象です。
※発表期間中、当選者にはメールで案内があります。
※第1弾は自宅に配送、第2弾は自宅でプリントアウト、またはスマートフォンの専用画面での受け取りとなります。

【参考】2019年の応募・発表日程

  • 第1弾応募:9月11日(水)正午~10月15日(火)10時
    発表:10月23日(水)~10月25日(金)
  • 第2弾応募:11月19日(火)正午~12月12日(木)17時
    発表:12月19日(木)~12月20日(金)

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの応募・購入方法

  • オンライン限定・クレジットカード一括払いのみ対応

※年齢に関係なく入園可能ですが、チケットの応募は13歳以上の方が対象です。
※20歳未満の方の応募には、保護者の方の同意が必要です。

【質問!】東京ディズニーランド(TDL)・ディズニーシー(TDS)のチケット(パスポート)に障害者割引はある?

2020年4月1日のパーク入場料改定(値上げ)と同時に、「障がいのある方がご利用いただけるチケット」として、障がい者割引価格の1デーパスポートが登場します。

  • 大人:6,600円 ※通常の1デーパスポートは8,200円
  • 中人:5,500円 ※通常の1デーパスポートは6,900円
  • 小人:3,900円 ※通常の1デーパスポートは4,900円

東京ディズニーランドには、障害者割引という制度はありません

どなたも、以上でご紹介したようなパスポートを購入して入園することになります。

ただし、障害をお持ちの方や、病気やケガ、妊娠中などで一時的に体が不自由になっている方も楽しめるよう、色々な施設・サービスがあります。

ホームページ内には専用のページが設けられていますし、現地では、バリアフリーの施設・サービスやアトラクションの利用方法を紹介するインフォメーションブック、インフォメーションCD、触地図ガイドブックも用意されています。
※インフォメーションブックはこちらからもダウンロードできます。

肢体、視覚、聴覚の障害、発達障害、知的障害、精神障害をお持ちの方や、食事に制限のある方、アシスタントドッグをお連れの方や、障害をお持ちの方に同行される方は、初めて東京ディズニーランドに行かれる前に、どんなサポートが受けられるのか、ぜひ、ご確認ください。

東京ディズニーランド・ディズニーシーのバリアフリー情報はこちらです!

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ