靖国神社の茶室「行雲亭」と裏千家茶道教室

スポンサードリンク

靖国神社の茶室「行雲亭」

読み方

  • こううんてい
造立年

  • 1933年(昭和8年)
設計者

  • 内藤太郎・柳井平八

靖国神社の茶室「行雲亭」の歴史(由来)

茶室「行雲亭」の前身は日本刀鍛錬場

1932年(昭和7年)、日本刀の鍛錬・技術保護のため、財団法人日本刀鍛錬会が設立され、翌年6月には同会により、日本刀鍛錬場が建てられました。

設計は、伊東忠太と共に遊就館本館(旧館)の設計にも携わった、陸軍省建築課技師の内藤太郎と柳井平八が担当しました。

これが、行雲亭の前身です。

1987年(昭和62年)9月には、5つあった鍛冶場の全てが茶室に改装されました。

屋根上の吹き抜けなどは、鍛錬場の建築様式を引き継いでいます。

財団法人日本刀鍛錬会とは

明治維新と共に、軍事面でも西洋の様式を取り入れ発展を試みていた日本にあって、日本刀を取り巻く環境はどんどん厳しくなっていました。
そんな中、日本刀を鋳造する場所を整え、有事のための軍刀を整備すると共に、国民の「愛刀心」向上などを目指し、1932年(昭和7年)、日本刀鍛錬会が発足しました。
理事長には歴代の陸軍次官が就任し、延べ11名の刀匠(とうしょう)と21名の先手(さきて)からなる刀工集団を中心に組織されました。

刀匠・先手とは

刀匠とは、刀を作る職人、いわゆる「刀鍛冶(かたなかじ)」のことです。
先手とは、刀を作る際、焼けた玉鋼に大槌(おおづち)を打ち下ろす役割の人です。
焼けた素材を叩いて延ばし、それを折り返したまた叩くという工程を繰り返すことを「鍛錬」といいます。

靖國刀と日本刀鍛錬場の歴史

この日本刀鍛錬場では、終戦までに8100口もの良質な日本刀が製作され、「靖國刀」と呼ばれました。

また、靖國刀を作った刀匠たちは、「靖國刀匠」と呼ばれました。

靖國刀匠には、陸軍大臣より「靖廣」「靖徳」「靖光」「靖利」など「靖」の字を冠する刀匠銘が授与され、それぞれの刀にその銘が刻まれています。

靖國刀「靖献(やすたて)」
靖國鑪(たたら)開設

しかし、1925年(大正14年)には、日本古来の「たたら製鉄」は途絶え、日本刀の材料となる高品質の玉鋼(たまはがね)が手に入りにくくなりました。

そこで、日本鍛錬会は、古代から良質の砂鉄を産出していた鳥取県仁多郡横田町に、1933年(昭和8年)、「靖國鑪(たたら)」を開設しました。

靖國鑪で生産された玉鋼は50t以上に及び、靖國刀の製作を支えました。

終戦後の靖國鑪

終戦を迎えると、日本刀の製作は一時的に禁止されましたが、1953年(昭和28年)には再開されました。

靖國鑪の操業は1945年(昭和20年)で終了していましたが、靖國鑪の技術を継承し、作刀技術を保存する目的で「財団法人日本美術刀剣保存協会(日刀保)」が「日刀保(にっとうほ)たたら」として、1977年(昭和52年)に復活させました。

日刀保たたら

日刀保たたらで生産された玉鋼は、現在、日本刀だけでなく、茶の湯の釜の材料として用いられたり、東大寺南大門の仁王像の修復などにも使用されています。

玉鋼

スポンサードリンク -Sponsored Link-






靖国神社の茶室「行雲亭」の裏千家茶道教室

靖國神社の行雲亭では、曜日ごとに都内の茶道教室から講師を招き、裏千家の茶道教室が開かれています。

個人・団体の別や経験の有無を問わず、誰でも入会できます。

無料で見学させてもらえますので、興味のある方は、ぜひ一度、お問い合わせください。

場所

  • 靖国神社「行雲亭」
スケジュール

  • 曜日:月曜日~土曜日 ※講師は曜日担当制
  • 時間など:月3回、10時~19時、時間内で自由参加

※開講時間は曜日により若干異なります。
※祝祭日は開講日が変更になる場合があります。

入会金・月謝など

  • 入会金:5,000円
  • 月謝:1か月8,000円(3か月分前納)
  • 水屋料:1か月2,000円(3か月分前納)
お問い合わせ先

靖国神社の茶室「行雲亭」の場所

行雲亭は東西に長い独特な形をしていますが、入口は東側にあります。

遊就館の方から神池庭園に向かう途中、相撲場手前の啓照館入口の隣です。

神池庭園には、他に洗心亭・靖泉亭という2軒の茶室があります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ