靖国神社「白鳩鳩舎」

スポンサードリンク

靖国神社「白鳩鳩舎」

読み方

  • しろはときゅうしゃ
建立年

  • 2000年(平成12年)
建築様式(造り)

  • 鉄筋コンクリート造、2階建て
大きさ

  • 延べ床面積107.80㎡

 

白鳩鳩舎の歴史(由来)・大きさなど

靖国神社の白鳩鳩舎は、創立130年記念事業の一環で行われた遊就館増改修工事に伴い、現在の場所に移築(新築)されました。

鳩舎は2階建ての建物で、延べ床面積は107.80㎡、中には756個の巣箱が設置されています。

2階建てで延べ床面積が約100㎡ということは、各階の面積は大体50㎡(広めの1LDKくらいの広さ)ですので、かなり大きな鳩舎だということがわかります。

鳩舎には専門の従事者がいて、清掃や給餌のほか、年2回、獣医による定期健診も行われています。

靖国神社に白鳩がいるのはなぜ?「白鳩の会」とは?

平和の象徴と言われる白鳩を境内に放ち、御霊を慰めると共に、次の世代を担う少年少女に平和の尊さや英霊に対する感謝の気持ちを育んでもらうことを目的とし、1973年(昭和48年)に発足した「白鳩の会」が、白鳩たちの飼育・管理を担当しています。

靖国神社の白鳩は、全国の愛鳩家から奉納された50ペアのつがいが元になっており、現在は約200羽が飼育されています。

こちらで飼育されているような真っ白な鳩は、1万羽に1羽程度しか生まれないのだそうです。

朝、鳩舎の扉が開かれると、鳩たちはテリトリーとなっている靖国神社の境内を飛び回り、夕方には戻ってくるようになっています。

鳩舎はやや奥まったところにありますが、外からの見学は自由で、外に出てきている白鳩たちの姿は、いつでも見ることができます。

靖国神社「白鳩の会」の入会方法など

白鳩の会には、以下の通り会費を納めて入会手続きを行えば、だれでも、その場で入会できます。

入会すると、入会時に会員章と記念品の根付ストラップがもらえるほか、毎年8月には会報「靖國の白鳩」が届きます。

根付ストラップは会員更新時にももらえます。デザインは変更になる場合があります。

会員から集めた会費は、すべて、白鳩の管理・飼育のために使われます。

入会の申し込みや会費の納入は、靖国神社(参集殿)で直接行えるほか、専用の振替用紙を使用して送金することもできます。

8月15日の放鳩式の日には、会場付近に入会申込みの受付ブースが出ています。

  • 正会員:1口年額1,000円
  • 特志会員:1口年額10,000円
  • 協賛会員:一時に50,000円以上

靖国神社の「放鳩式」

日程

  • 8月15日、10時~
場所

  • 靖国神社「能楽堂」前

靖国神社では、1974年(昭和49年)から毎年、8月15日(終戦の日)に、放鳩式(ほうきゅうしき)が行われています。

放鳩式は、英霊に対する感謝の気持ちを込めて白鳩を空に放つ行事で、靖国神社では、「『日本の声―英霊に感謝する集い』放鳩式」と銘打っています。

白鳩の会の会員なくても参加でき、毎年数百人が境内に集います。

終戦の日、空に飛び立つ白い鳩たちの姿を見ながら、歴史や平和に思いをはせてみませんか?

靖国神社の白鳩にえさをあげてもいい?

以前は、鳩の餌(えさ)の自動販売機もあり、参拝者が自由に餌をあげることができましたが、現在は、餌はすべて鳩舎内で与えることになっています。

これは他所の鳩が餌の場所を覚えて靖国神社に来るようになり、白鳩と混血してしまうことを防ぐための策なのだということです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






参拝記念・お土産に!靖国神社の白鳩グッズ

以下では、靖国神社で購入できる、白鳩のグッズや授与品をご紹介します。

なお、品ぞろえや価格は執筆時のもので、変更になる場合があります。

 御朱印帳・御朱印帳入れ

靖国神社創立150年の記念御朱印帳・御朱印帳入れには、白鳩があしらわれています。

人気のため品薄になる場合がありますが、2019年いっぱいは授与予定となっています。

御朱印帳や御朱印帳入れは、参集殿の朱印所で授与されています。

窓口は、拝殿の右手前にあります。

  • 値段:御朱印帳1,500円、御朱印帳入れ2,000円

 お守り(こどもまもり)

靖国神社には、白鳩が描かれたかわいらしい「こどもまもり」があります。

他に、さりげなく白鳩が描かれているお守りもありますので、探してみてください。

お守りは、中門鳥居をくぐってすぐの授与所で授与されています。

  • 値段:800円

靖国神社のお守り一覧は、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

 靖国神社のお守り「種類・初穂料(値段)・授与場所(販売場所)・授与時間・返納・通販などについて」

 銘菓「白鳩の願い」

靖国神社のお菓子のお土産の中でも人気の高い「白鳩の願い」は、アーモンドにミルク味のコーティングをまとわせたお菓子です。

「白鳩の願い」を始め、お菓子や図録、ストラップなどのグッズは、遊就館1階の売店で販売されています。

  • 値段:1箱1,000円

 白鳩のぬいぐるみ

同じく遊就館の売店には、白鳩のぬいぐるみもあります。

ほぼ等身大の大きさの白鳩と、お手玉のような「パームビーンズ」シリーズがあります。

パームビーンズ白鳩シリーズは羽の色が3色から選べます。
  • 値段:白鳩ぬいぐるみ1,500円、パームビーンズ白鳩406円

靖国神社「白鳩鳩舎」の場所

白鳩鳩舎は、神門の向かって右側にあります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ